パーソナルジムの事務手数料を払いたくない件

携帯を乗り換える時も、アパートを解約する時も、事務手数料がかかりますよね。あの「事務手数料」って、何ですか?なんかイラっとしませんか?

パーソナルジムに入会する時にも事務手数料がかかりますね。これも何なのかなーと思います。イラっとしたので調べてみました。

この手数料は一見不透明に見えますがが、実はジム運営の様々な側面を支える重要な財源らしいです。

事務手数料の目的は、主に3つありました。

➀ ジム運営の基本コスト
事務手数料は、ジムの基本的な運営コストをカバーするために使われます。賃貸料とか、光熱費とか、メンテナンス費用などです。

② 設備の維持と更新
パーソナルジムでは、最新のトレーニング機器や快適な設備が期待されます。この設備の維持にはもちろん費用がかかりますが、事務手数料でこれをカバーします。

③ スタッフのトレーニングと給与
高品質なサービスのためには、質の高いトレーナーが必要ですね。トレーナーのトレーニングや給与も、事務手数料によってカバーされます。なんか以外でしたが、仕方ないなって思いました。

でも、質の高いサービスのために事務手数料が使われているのなら「わたしたちの支払うトレーニング料金は何に使われているの?」って思いませんか?わたしだけですかね、ひねくれているのは。良い設備、専門知識を持ったトレーナー、快適な環境のためにしっかりお金を使うなら我慢しますけども。

安全なトレーニング環境の確保にもお金がかかりますね。設備のメンテナンスは、安全で効果的なトレーニング環境のためには不可欠です。事務手数料がこれに使われているんですって。

パーソナルジムが事務手数料を徴収するなら、透明性が重要です。わたしたち利用者に対して、その手数料が何に使われるのかを明確に説明するなら信頼を得られますからね。利用者が手数料の目的を理解して納得していれば、より快適にジムを利用して支払いも気持ちよくできます。

パーソナルジムの事務手数料は、ジムの質の高いサービスと運営の維持に使われていることがわかりました。事務手数料っていう名称は気に入らないですが、まぁいいです。徴収に際してはその使途を利用者に聞かれたらわかりやすく伝えて欲しいものです。

ビーコンセプト 料金